アトピー・にきび(ニキビ)・じんましん・湿疹などでお悩みの方に
漢方治療を含めた最善の治療をご提供する皮膚科(保険診療)です

健やかな皮膚を目指して あなたの皮膚にとってのベストな治療を提案します

トップ > 当院で扱う症状 > 一般皮膚科で扱う症状について > 巻き爪の治療

アトピー性皮膚炎

肌荒れ(肌あれ)

にきび(ニキビ)

じんましん

円形脱毛症

疣贅(ウィルス性のいぼ)

赤ら顔(酒さ、ステロイド酒さ)

水虫

爪白癬・爪水虫

皮膚腫瘍、皮膚がん、ほくろ、脂漏性角化症

帯状疱疹

伝染性膿痂疹(とびひ)

粉瘤

皮脂欠乏性湿疹

掌蹠膿疱症

乾癬

日焼け

しみ、くすみ、肝斑

病巣感染new

紫外線について

巻き爪の治療

爪が変形したり、食い込んで痛い思いをしている方に各種治療をご用意しました。爪の状態や、爪の性質、目的に合わせ て最適な治療をその都度選択いたします。
VHOは、ドイツで始められた矯正方法、爪に穴をあけることなく、また短い爪にも対応します。
ワイヤー法は、爪に穴をあけて、形状記憶ワイヤーで爪を矯正する方法。
ガター法は、爪が伸びるまで爪の縁を保護する方法。
フェノール法は、爪を根元から細くしてしまう手術です。

VHO治療(矯正法)

爪の側縁に特殊な形状のワイヤーを引っ掛けて、爪の中心で巻き上げワイヤーの切り口が引っかからないよう、人工爪と同じ材料でカバーします。

施術は痛みが少なく、装着することで、痛みが治まることがあります。爪の伸びる速度によりますが、約3ヶ月で交換します。数回繰り返すと、平らな爪に戻り、終了します。足の形自体が変形している場合には、その後も矯正が必要になることもあります。

挿入したその日から、普通に入浴してかまいません。普段どおりの生活をしてください。ハイキングやダイビングなどの予定があり、心配な場合は、直前にワイヤーを交換しておくことで痛みを予防できることもあります。(※ワイヤーはなかなかとれませんが、非常に激しい運動をすると、ワイヤーが取れてしまうこともあります。)

巻き爪、陥入爪はVHOの治療が、いちばんスマートだと思われるのですが、他の治療も、メリット、デメリットを考えながら選択をします(下記参照)。

初診:¥12,600 再診:¥10,500

巻き爪のワイヤー法(矯正法)

巻き爪のワイヤー法(矯正法)

もし、爪が指の先より2~3mmのびていたら、この治療が可能です。爪の先に小さい穴をあけて、形状記憶ワイヤーを通し、固定、爪を平らになるよう矯正します。ただし、爪が割れやすい方、伸びていない方はVHOの方をお薦めします(自費:¥6,300)。

ガター法

ガター法

もし、爪を切りすぎたり、爪がかけたりして、爪が伸びてくる過程で痛みを生じている場合、爪の側縁に柔らかいカバーをします。柔らかいカバーが、クッション効果で痛みから保護します。これは、爪がある程度伸びるまでの一時的な治療になりますが爪の形を変えることなくできる処置です。

フェノール法

フェノール法

爪の幅が広すぎてくいこんでしまう方に適応です。ブロック麻酔の注射のあと、食い込んでいる爪の一部を爪の根元までカットし、爪母細胞(爪を作る細胞)のある部分を化学的に処理し、その部分の爪が永久に生えないようにする処置です。爪幅が狭くなり、食い込みにくくなります。

このページのトップへこのページのトップへ
和(なごむ)皮ふ科クリニック
180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-10-7 くもんピア吉祥寺ビル4階
TEL/FAX 0422-23-8756